自費診療メニュー

インプラント(人口歯根)

歯がなくなる(抜ける)と、一般的には入れ歯やブリッジといった方法をとりますが、ブリッジ治療で健康な歯を削りたくない方や取り外しの入れ歯が受け入れられない方にはインプラント(人工歯根)療法というチタン製の歯根を直接顎の骨に固定させる治療法があります。患者様の顎骨の状態や噛み合わせなど、考慮する点が多々あり、術後も長期のケアが必要となりますが、当医院では患者様と歯科医師との十分なカウンセリングにより、患者様に「第3の歯」をご提供しております。

  • インプラントとは

    歯科用インプラントとは天然歯根の代用となる人工歯根のことです。インプラント本体は外科手術により顎の骨に埋め込みます。埋め込まれたインプラントは、平均6~12週間の治癒期間を経て骨にしっかりと結合します。またインプラントの素材には純チタンが使用されています。純チタンは生体組織に良く適合し、骨としっかり結合しするので歯肉と密着固定したインプラントは上部に取り付ける修復歯のしっかりとした土台となります。

    インプラント治療が広がる以前は・・・

    失った歯の修復去として、従来は人工クラウンやブリッジ、取り外し式の部分的な入れ歯、総入れ歯が利用されてきました。しかし、こうした代用物を口の中に確実に団定させるためには、隣りの健康な歯を削らなければならないといった問題がありました。また、従来の方法では失われた歯根までもを回復させるすべはなく、歯がなくなることによってできた顎の骨の中の空洞は放置されたままでしたので、やがてはこの歯根の喪失による空洞によって顎骨(がっこつ)が萎縮(いしゅく)する危険がありました。本来あるべき骨量が年月とともに大量に減少し、"萎縮"した状態になってしまう場合もあるのです。これが原因で入れ歯のフィット感が悪くなり、食べる喜びがなくなり、日常生活の楽しさを失うこともままありました。

  • インプラントのメリット

    • 隣の歯を削ること無く、失った歯の部位にインプラントを入れます。
    • 取り外し式の入れ歯に代わり、固定式の歯を入れることが可能です。
    • 入れ歯の金属のバネが無く、異物感も少なく、審美的にも優れています。
    • インプラントは、天然歯とほとんど同じ感覚で噛めます。
    • 噛む機能と自然な外観や表情を取り戻すことができます。
  • インプラントのデメリット

    • 顎の厚さ、顎の幅や神経の位置などによって、インプラント治療に適していない場合もあります。
    • 難しい親知らずを抜く程度の処置ですが、インプラント治療には必ず手術が必要です。ただ局所麻酔を行いますので手術の痛みはありません。
    • 手術後、インプラントが顎の骨にしっかり定着するまで6~24週間程度要します。(※)
    • インプラント治療は自費診療ですので、保険がききません。インプラントの本数や種類、上の被せる歯の材質などによって費用が異なります。

    (※)定着する期間は、骨の状態など、様々な条件により事なります。

ホワイトニング

ホワイトニングとは

  • ホワイトニングとは歯を削ることなくご自分の本来の歯の輝きを取り戻す方法のことです。ホワイトニングジェルにより歯の中に染み込んでいる汚れを分解し、取り除くことで歯の色そのものを白くすることができます。

    *歯の黄ばみ・変色の原因は、下記があげられます。

    • 外来性(エナメル質表面)の変色
    • 食べ物、飲み物などによる色素(ステイン)沈着によるもの。日々の歯磨きでは落とせない沈着物が変色につながります。
    • 内来性(エナメル質内部)の変色
    • 歯そのもの、エナメル質内部の黄ばみ。多くは薬の服用が原因で変色するものです。代表的な薬は、昭和40年代に出回った抗生物質テトラサイクリン。病気の治療で服用した人が歯の変色を起こすなどの副作用を起こし、後に投与が禁止になりました。

    ホワイトニングでは専用ジェルやホワイトニングライトを使い、歯の表面に付着した色素を落とすだけでなく、歯の中にある色素を分解して歯の明るさを上げ、歯自体を白くしていきます。

オフィスホワイトニング

歯科医院で行うホワイトニングをオフィスホワイトニングといいます。オフィスホワイトニングは歯に薬剤(ジェル)を塗布し、専用のライトを当てて(15分×3回)歯の色素を分解し、歯を白くしてきます。

セラミック治療

セラミックとは

  • セラミックは被せ物や詰め物に使われる素材です。透明度のある白色のため、とても自然な仕上がりになります。自由診療となりますが、サイズも色も患者様に合わせることができるので、費用以上の満足が得られることをお約束します。

    レーザーボンド:50,000円(税別)

比較表

セラミック比較表セラミックについて分かりやすくご説明するため、セラミックと歯科用プラスチックのレジンを比較した表をご用意しました。使い始めの段階では大きな差はありませんが、長く使うと差が出てくる部分です。

セラミック 硬質レジン
透明度 天然歯と同程度の透明度。口腔内にあっても、とても自然です やや透明度に欠ける。天然歯の隣にあると目立ってしまうことも。
耐変色 ガラスと同じ成分で汚れが侵入する隙間がないため、変色の恐れはありません。 吸水性があるため3~5年で黄ばみがかってきます。
耐久性 とても固いため摩耗することはありません。吸水性があるため、年月を経るごとに耐久性が劣っていきます。治療費は自由診療のため高額です。 保険治療のため安価です。

矯正歯科

歯並びをよくすることで、お口と体の健康を増進させる医療です。

矯正とは?

  • 矯正は歯並びを整えることで全身の健康を増進させる医療です。現在、30歳代で、80%の方が歯周病と言われていますが、歯に凸凹があると、いくら歯磨きを行っても、ばい菌(プラーク)が取りきれずに、歯周病になってしまいます。また、かみ合わせが悪いと、ご自身の咬む力で歯茎が傷ついてしまうこともあります。つまり、矯正は歯並びがきれいになるだけでなく、歯周病を予防し、歯茎の健康をも守り、歯を長持ちさせるのです。

お子様の通常の装置をつけた矯正

簡易矯正では治療が難しい場合は、通常の矯正装置による治療をおすすめします。開始時期は、症例によって異なりますので、一度ご相談ください。

  1. 受け口

    小学校入学頃に下の前歯が前に生えることがあります。放置しておくと、前歯がぐらついたり、下あごが成長し過ぎて顔の変形が生じます。早期では装置をつけずに治ることもありますので、なるべく早くご相談下さい。

  2. 出っ歯

    上の歯が、前に出てしまう噛み合わせです。ボールにぶつけて歯が折れたり、唇が切れたり、友達にからかわれたりすることもあります。治療を行うと 前歯がさがり、口元もきれいになります。お子様の場合、症例によっては夜間のマウスピース装着で、顎の成長を促す治療が可能です。

  3. 開咬

    奥歯は咬んでいても上の前歯と下の前歯が咬んでいない噛み合わせです。麺類がかみきれなかったり、息がもれ正しい発音ができなくなることもあります。指しゃぶり、舌を出す、口で呼吸する等の癖で起こります。

  4. 八重歯

    いわゆる凸凹の歯並びです。虫歯、歯槽膿漏になりやすく、口臭の原因にもなります。全体が永久歯に交換したら治療開始時期とお考えください。

大人の矯正

大人になっても矯正は可能です。歯並びがコンプレックスだった方、かみ合わせを整えて体調を改善させたい方はぜひ一度ご相談ください。見えないワイヤーやピンクゴールドのワイヤーなどもご用意しております。一生自分の歯でいるために必要な第一歩とお考えいただければうれしく思います。